携帯副業中級編!クライアントとのやり取りで気を付けるべき3点

はじめに

携帯副業の中級者の方は、仕事などにもだいぶ慣れてきている方もいて、クラウドソージングサイトや、またあるいはクライアントとの契約を交わし、副業をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、副業で成功するためには、クライアントとのやり取りでも気を付けなければいけないことがあります。

そこで、クライアントとのやり取りや仕事などの依頼に関することで気を付けなければならない点について、ご紹介をしたいと思います。
まずは参考にしてみてくださいね。

1.契約書をしっかりと交わすことが大切

携帯副業の中級者の方は、クライアントと直接やり取りをして、仕事を請け負っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、ここで多いトラブルが、給与の未払いや、仕事の発注に関するトラブルなんです。

せっかく仕事をしたのにもかかわらず、給与が支払われなかった…ということになってしまっては、とても困りますよね。そこで、仕事を安心して請け負うためには、事前にこういったことがないように、自分でも工夫をしなければなりません。

このため、まずクライアントから仕事を請け負う場合には、事前にその仕事に関する契約書などをしっかりと交わしておくということが非常に大切です。給与の未払いなどがないように、工夫をすることが必要です。

副業というのは、会社員とは違い、個人事業主となります。
会社員の場合、労働基準法などで法律で守られている立場になりますが、実は個人事業主を守るための法律というものは、今のところありません。ガイドラインというものがありますが、現時点では、法律などはありませんので、こういったクライアントとの契約などに関しても、すべて自己責任となります。

このため、給与の未払いなどがあり、泣き寝入りしないためにも、事前にしっかりとした契約書などを交わしておくことが大切です。面倒かもしれませんが、事前に契約書などでも細かい点なども打ち合わせをしておくということが非常に大切なのです。

中には郵送で契約書を交わすところもありますが、クライアントによっては、契約書などがないケースもあります。もしも心配なら、契約書などにサインをしてもらうなど、工夫をしてみることで安心して仕事を請け負うことができるといえるでしょう。

2.ビジネスマナーを守る

クライアントとのやり取りでは、最低限のビジネスマナーというものが必要となります。
携帯副業といっても、あまりにも常識がなかったり、マナーがなかったりした場合、クライアントからも仕事を依頼してもらうことができなかったり、信用されなくなってしまいます。

クライアントとは、メールなどを通してやり取りをすることがほとんどですが、最低限のビジネススキルというものが必要です。メールでは、きちんと敬語で対応をするなど、当たり前のことですが、相手側に失礼のないようにすることが大切です。

また、クライアントからの仕事に関するメールの返信などはその日のうちにすることも大切ですし、マメにメールなどをチェックするように心がけましょう。

こういった基本的なことをしっかりとすることで、信頼されるようになり、いろいろな仕事を任せてもらいやすくなります。

3.締め切りを守る、連絡を密にする

クライアントに仕事を依頼してもらった場合、締め切りなどが設定されていることがあります。何か副業の案件をこなす場合、これらの締め切りをきちんと守ることが必要となります。

もしも締め切りが守ることができなかった場合、相手側に迷惑になってしまいますし、信用をされなくなってしまいますので、今後、継続的に仕事を依頼してもらうことができなくなってしまうケースがあります。継続的に仕事を依頼してもらいたいのならば、こういったことから気を付けていくことが必要です。

副業をしている方の中には、たとえば、仕事を請け負ったのにも関わらず、体調不良で作業ができなくなってしまったり、あるいはデータが消えてしまったりして、締め切りに間に合わない、というケースもあるようです。

こういったケースでも、必ずクライアントに連絡をしてほかの人に仕事を交代してもらうなどが大切です。そのまま音信不通になってしまうと、迷惑が掛かってしまいます。
早めに連絡をすることで、対処することができる可能性が高いですので、もしもどうしても仕事ができなくなってしまった場合には、早めに連絡をするように心がけましょう。

クライアントには、連絡を密にするようにし、メールの返信などもマメに行うように心がけましょう。また、わからないことなどがあれば、その都度質問をするように心がけるということも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
携帯副業中級者の方には、直接仕事を請け負っているという方もいらっしゃると思います。

しかし、クライアントとのやり取りでは気を付けなければいけないポイントがありますので、
これらのことに注意をすることが必要です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*