携帯副業のはじめ方!副業で準備しておくべき3つのこと

はじめに

携帯副業を始めたい、と考えている方もいらっしゃると思いますが、携帯副業を始める場合には、まずは準備しておきたいものがいくつかあります。

携帯副業は、いつでも始めることができますし、だれでもチャレンジすることができますが、
稼げるようになるためには、大切なことがあります。
そこで、携帯副業をはじめるために準備しておくべき点についてご紹介をしたいと思います。

1.パケット定額制に入っておくこと

携帯副業を始める場合、まずはスマートフォン、そしてパソコンを準備する必要がありますし、インターネット回線などを準備する必要があります。

スマートフォンを使った携帯副業の場合には、頻繁にインターネットサイトなどにアクセスするということになりますので、まずはパケット定額制などのプランに加入をしておくということが必須となります。そうでないと、パケット代がかかってしまい、副業をしているのにもかかわらず、結果携帯代金の方が高くなってしまった…ということにもなりかねません。

このため、まずは今の携帯の料金プランなどを確認をしておき、パケット定額制のプランがあれば、それらに加入をしておくなどの準備が事前に必要であるといえるでしょう。

2.迷惑メール対策をしておこう

よく携帯副業を始める際に、迷惑メールが来ないかということで心配をされている方も少なくありません。携帯での副業の場合、数多くのサイトに登録をすることもあり、時には携帯のメールアドレスなどに迷惑メールなどが大量に送られてくるということもあります。
なかには迷惑メールが来るようになってしまい、とても困っているという方も少なくありません。

しかし、大手の安全性の高いサイトだけに登録しているという場合には、ほとんど心配をする必要がありません。ですので、怪しげなサイトにはなるべく登録をしないということも大切です。

もしも、迷惑メールの対策をしたいのであれば、フリーのメールアドレスを準備し、そちらで登録をしておくのが無難であるといえるでしょう。また、別のアドレスなどを準備しておくというのも一つの方法です。

また、迷惑メールの拒否設定をしておいたり、事前に指定されたアドレスのみを受信するという設定にしておくなど、しっかりと事前に迷惑メールに関する設定をしておくことが必要です。
メールアドレスをしっかりと管理することで、迷惑メールの対策などをすることができるのです。

3.きちんと収入を管理する

携帯副業を始める際には、それらの収入に関しては、しっかりと確定申告をする必要があります。このため、本業での収入と、携帯副業での収入がごっちゃになってしまわないよにするためにも、収入を管理することが必要です。

そのためには、ネット口座などを開設し、副業にはそちらの口座をメインに使うなどの工夫が必要となります。収入が一緒にならないように別々に管理をしておくなどの工夫が必要となります。

また、携帯副業で、どれだけの収益があったのか、ということを明確にするためにも、帳簿付けなどをする必要があります。場合によっては確定申告などをする必要があるため、どの程度の収入だったのか、ということを記録しておくことが必要です。

定期的に通帳記帳をすることも必要ですが、どの程度収益があったのか、ということを記録するための帳簿などを準備しておくとよいでしょう。

最近では、白色申告でも青色申告と同様に、帳簿付けをすることが義務付けされました。このため、少ない稼ぎであったとしても、それらをきちんと帳簿につけておかなければいけません。
今は便利な会計ソフトなどもありますので、こういった会計ソフトを利用してもよいでしょう。

携帯副業ではどの程度稼ぐことができるかにもよりますが、副業として始めるのであれば、確定申告をするための準備として、それと同時に帳簿付けの準備もしておくということが必要となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
携帯副業を始める際には、まずはスマートフォンの料金プランなどを確認をし、パケット定額制などに加入しておくことが必要となります。携帯副業をするとなると、頻繁にサイトにアクセスする必要がありますので、通信制限がかかってしまったりしないようにする必要がありますし、スマートフォンの料金プランを事前に確認をしておくことが必要です。

また、気になるのが、迷惑メールに関することだと思います。迷惑メールなどの対策も事前にしておくことが必要ですし、必要に応じてフリーのメールアドレスを準備しておくなどの工夫が必要です。また迷惑メール対策として、メールの受信設定などを指定受信などに切り替えておくことが必要となります。

また、携帯副業の際には、帳簿付けが必要となります。確定申告の際には、これまでの収益をしっかりと管理しておく必要がありますので、あらかじめ帳簿付けができるように準備をしておくことが必要となります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*