携帯副業上級編!携帯副業での知っておきたいこと3選

はじめに

携帯副業である程度稼ぐことができるようになった上級者の方には、まだまだ稼ぎたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、上級者の方が、携帯副業では、知っておかなければいけないことがいくつかあります。
そこで、携帯副業において知っておきたいことの3選をご紹介したいと思います。

1.確定申告の際には会計ソフト、または税理士に依頼するのもあり

携帯副業である程度稼ぐことができるようになった上級者の方は、収入に応じて、毎年必ず確定申告を行わなければいけません。もしも確定申告をしない場合は、脱税となってしまいますし、あとから追徴課税などを請求されるケースがありますので、必ず確定申告をするようにしましょう。

副業として個人事業主として稼いでいる場合、たとえ少額であったとしても確定申告が必要となります。確定申告をする方法として、自分自身で行う方法もありますが、たとえば帳簿付けなどに手間がかかるのを避けたい場合には、会計ソフトなどを利用するというのもおすすめです。

会計ソフトには、無料のものなどもあり、パソコンでダウンロードをすることで使用することができるものもあります。こういった会計ソフトを使うことで、初心者でも簡単に帳簿付けや確定申告ができますので、利用してみてください。

またある程度、副業としての収益が安定しているという方の場合には、税理士に依頼をするという方法もあります。個人事業主が税理士に依頼をした場合年間で数万円というケースもあり、交渉によっては安くで依頼することができるケースもあります。

もしも会社にばれたくない、という場合には、税理士に依頼することで、会社にばれないように確定申告をしてもらうことができるケースもありますので、自分でやるのが不安という方は、依頼をしてみるというのも一つの方法です。

2.どこからが上級者といえるのか、その範囲を知っておく

携帯副業である程度稼げるようになったという方もいらっしゃると思いますが、大体どれほどの金額をみんなが稼いでいるのか、ということを上級者の方は、知っておく必要性があります。

たとえば、大体の携帯副業の方は、千円~5千円程度が一般的で、始めたばかりの初心者の方は、これぐらいの稼ぎであることがほとんどです。まだやり始めて月日が経っていない方の場合には、これぐらいの金額の収益であることが多いです。

どこからが上級者といえるのかというと、大体17万円~25万円ほど、これは大学の初任給レベルですが、この程度稼ぐことができるようになって、上級者といえるでしょう。

また、これ以上になるとサラリーマンの平均給与水準となり、家族がゆとりある生活を送ることができるレベルとなります。上級者の方は、これより上のレベルを目指すことが大切です。

3.法人化もおすすめ

もしも、携帯副業で成功をしているという方、もしも月に平均給与水準以上超えているという方の場合には、法人化をしてみたほうがお得であるケースが多いです。

たとえば、月に50万円以上を超えた場合には、税率が20パーセントとなります。
こうなると、節税方法などによって一概にはいえないですが、法人化したほうが、税制上、お得となるケースが多いです。

もしも携帯副業で成功をしているという上級者の方で、節税対策を考えたいという場合、また今後のことなどを考えてみてから、法人化などを判断してみてもよいでしょう。

法人化することでどのようなメリットがあるのかというと、まず法人化することによって、今までの取引先などの幅がぐんと広がったり、また給与所得の控除を利用することができ、税制上非常にお得となることが多いです。また法人化することによって、クライアントからの信頼なども増すといったメリットなどもあります。

しかし、法人化することで、デメリットもあります。たとえば、法人化することによって、今まで以上に確定申告に手間暇、時間がかかってしまうというケースがありますし、諸経費などは法人価格となってしまいますので、割高になってしまうというケースがあります。
また余計な税金などは増加してしまうというケースもあります。

また、法人化することで、副業から本業に移行するという形になりますので、安定して稼ぐことができるような確信がないと厳しい点があります。
ある程度稼ぐことができるようになった上級者の方は、これらのメリットやデメリットなどを踏まえて、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
携帯副業で稼ぐことができるようになったという上級者の方は、税金面なども含めて、考えることが必要となります。

もしも節税を考えているのであれば、税理士に依頼をしてみるという方法もありますし、さらには法人化という方法もあります。
いろんな方法がありますので、これらのことを知っておき、まずは検討してみるのもよいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ